吾輩のブログである。名前はまだ無い。

大手企業を退職しフリーランスで生きる人間の雑記。福岡にいるよ。

就業規則を副業しない口実にしてる奴は解禁されても絶対にしない。

ソフトバンクが副業を「解禁」したのは2017年。

対して、僕が1番最初に副業を始めたのは2015年です。

 

学生時代繋がりをつくった、小さな会社の社長さんとから頂いた案件。報酬は1万円。

時給換算するとちょっと反省する水準ではありましたがwそれでも、

 

「給料」ではない利益を自分の信用と力で創った

 

経験は、その後の働き方の選択に大きな影響を及ぼしました。

 

2016年から徐々に副業のレパートリーが増え、2017年からは副業ではなく、複業。パラレルワークをしていました。

 

「ソフトバンクって副業OKなんだっけ?」

 

たまに聞かれるそんな問いに僕はこう答えていました。

 

「申請して認められれば大丈夫なんだよ。」

 

これは本当の話です。「解禁」される以前から。

 

実は解禁されたからといって大規模に何か変わったわけではありません。

申請が必要で、通ればOK。

ちなみに、一番最初に手を出した副業は申請して、承認されていました。

 

それ以降は申請していませんでしたが、

「申請されたらOKなんだよ!」

と堂々と言っている人間が実は申請していないというw

 

結局のところ、何度も法的に問題になっているところでもあるのですが、

雇用者は被雇用者を就業時間外に縛ることは出来ず、副業を「禁止」することなど原則できません。

 

・副業が反社会的内容

・本業の業務と利益相反

・明らかに本業に悪影響が出るレベルでリソースを割いている

 

といった事情は別にして、就業時間外の副業は

憲法の「職業選択の自由」で認められている内容です。

 

就業規則と憲法どちらが偉いかなど小学校高学年でも知っている内容ですね。

 

要するに、副業なんてやりたきゃやりゃいいんです。

もっと言うと、やりたい人はやってます。

とっくに。

 

「副業したいけど修行規則があるから出来ない!くそっ!悔しい!お!ついに解禁された!やるぞ!!」

 

なんて人は稀有で、実際のところ

 

やりたいとなんとなく思いつつ、怖いし、めんどくさいし、よくわからない。

 

都合よくある就業規則を盾にとって

 

残念だなー

 

と言いつつ、

 

本当は安心している。

 

副業解禁が公になっていく中、本当はハリボテだった「行動しない言い訳」も剥がされようとしています。

 

行動することと、次の言い訳を考えることと。

限られた時間とエネルギーをあなたはどちらに使いますか?

 

ブログのスランプと脱却

退職の報告から(日をまわっちゃってはいますが)毎日記事を更新しています。

おかげさまで、ブログのアクセスも徐々に戻ってました。

 

今年に入ってから中々ブログが更新できなくなりました。

特に4月以降は顕著です。

 

復活するする詐欺をしていましたが、どうにか本当に復活しそうですw

 

ブログが書けなかった理由。

 

「忙しかったから?」

 

→暇ではありませんでしたが、もっと死にそうな時期にも結構な頻度で更新していました。

 

そんなことは細事で、なによりもブログを書けなかった理由は、

 

「誰に向けて」

「何を」

 

発信したいのかが自分の中でブレブレだったから。

 

会社は辞めたくて仕方がないわけではない。

 

業務量は多いには多いけど、異常な激務でもなく、職場の人間関係も比較的良好。

 

待遇だって悪くはない。

 

でも今の仕事って本当に自分がやりたいこと?

 

もしくは今の仕事の先に、本当にやりたいことが出てくるの?

 

その答えがはっきりとYES、もしくはNOであれば、何かに迷うこともなく、どちらかに指針を触れたはず。

現在も、本当に退職という選択が長い目で見たとき正しかったのかどうかはわかりません。 

 

けれど、自分の直感を信じての見切り発車。

巨大な船から飛び降りて、目の前の小さな糸を手繰り寄せながら大海原へ出て行くような感覚?

 

不安は付き纏うし、「中継地」は定めているものの、明確な目的地が見えているわけではない。

 

それでも今、1つだけハッキリと言えることは

会社で働いていた時よりも、「自分の人生」を生きているという実感があるということ。

 

世の中には悪い待遇で、悪い人間関係で、やりがいのない仕事を、他の選択がないがゆえに、(正確には他の選択がないと決めつけているがゆえに)嫌々やっている人で溢れているらしい。

 

そんな人たちからすると勿体ない選択で、贅沢な悩みと言われるかもしれない。

 

けれども、こんな形を選択した以上、選択出来ていない人、迷っている人の指針になれればとも思い、自分の道を歩き始めた記録として、ブログを綴り続けます。

 

タイトルいい加減に変えないと(ry

三連休を喜ぶ「方向性」が変わっていたら黄信号かもしれない。

世間では三連休が終わったところなのですね。

会社員時代、三連休というのはやはり嬉しいものでしたし、活用して旅行に行ったりもしていました。

 

連休でリフレッシュして、翌日からの仕事の活力になればいいのですが、こんなことを考えているようだとあなたの働き方はちょっと黄信号かもしれません。

 

休日が3日あることよりも嬉しいのが、その週の営業日が1日少ないこと、ならば。

 

おかげさまで、会社に感謝しながら円満に退職することができました。

が、もっと年次の浅い時、会社員という働き方が嫌すぎて、そんなことを思っていた時期がありました。

具体的な時期の言及は避けますが、某ネットワークビジネスに片足を突っ込みかけていたのもその際です。

 

休みが嬉しい、という感覚自体は至極真っ当なもの。

会社から切り離されて、自由に使える時間。休息に、趣味に、リフレッシュに、家族サービスに。どんな使い方をしてももちろん構わないものです。

 

ただし、それが「仕事という苦痛から逃れる時間」にまでなっていなければ、です。

 

1週間は7日間。カレンダー通りに休むならば多くは5勤2休。

休みを休みで楽しみにすること自体は何ら問題はありませんが、その休日のために平日を「耐え忍ぶ」ような1週間のサイクルを迎えているとすると、ちょっとまずいじゃないかと思います。

 

休みと仕事で、だいたい3:7。

人生の7割を「耐え忍ぶ」ような感覚で過ごしているとするならば、その働き方、というよりも生き方がもったいないとは思いませんか?

一度しかない人生。挑戦するもしないも本人の勝手ですが、80年とか100年とか、長いようで「他人」に捧げているほどの余裕はありません。

 

家族だとか、大切な人に自分の時間を使うということは、もちろん自分の人生を充実させるための手段として立派な選択だと思いますが、

 

果たして仕事が「自分の時間を使う」に相応しいものになっていますか?

 

100%そうだと断言することができる人も中々いないとは思いますが(僕も現在の活動の全てが本当にやりたかったことに合致しているかというとそうでもないです。)

少なくとも、仕事に行く日が減ることが休みが多いことよりも嬉しいとすると、その仕事に自分の時間を使っていること自体を見つめ直した方がいいかもしれません。

 

迷惑をかけずに生きることなどできない。ならばせめてできることは

会社を辞めることを上司に相談した時、ありがたいことに引き留めてもらえました。

 

膨大な企業数を少人数の営業メンバーで回していた部署なので、僕の能力云々以前に一人抜けることで上司含めメンバーに負担になりますし、(どの程度かは知りませんが)部下の退職がボーナスの査定に響くことも知っていました。そういった事情がまったくないなんてことはないでしょうが、

ただ、そんなことしか気にしないような上司であれば何のためらいもなくさっさと辞めていました。

 

上司にも同僚にも、人間関係にも恵まれていた居心地のいい職場で、「退職で迷惑をかけたくない」という想いが本心だったのか、「退職」という大きな決断を妨害するための口実として脳裏に沸いてきたのか、今となっては考える必要もないことです。

 

ただ、「迷惑をかけたくないから辞めれない」という発想で残るのは相手にとって良いことでもなんでもありません。

続きを読む

年収1000万円。一部上場企業勤務パラレルワーカーの苦悩。

もう色々と時効だと思うのでぶっちゃけますが、昨年は本業の外でだいぶ稼いでいました。会社の諸手当込みの年収に、投資の収入と個人事業と足して、合計で1000万ほど。

20代の内に「一つの大台」をまずは達成していました。

 

誰もが名前を知っている一部上場企業の正社員。安定もステータスもあり、世間一般と比較すると収入も多い。その上で平日に会社の業務をこなしながら、自活できるくらいの副収入。

平日は遅くまで働いていましたが、休日出勤もなく、特技のエクストリーム出社を活かしてだいぶ好き勝手旅行もしていました。

 

自分で言うのもなんですが、ある意味「理想形の一つ」とすら言えるような状態だったと思います。

 

この頃、よく受ける質問が二つありました。

一つ目は、「お前は何者なんだ?」

これにはドヤ顔で「俺は俺だ」と返す。

しかし、もう一方の問に答えられないことへの葛藤は膨らんでいく一方でした。

 

「お前はどこに行こうとしているんだ」

続きを読む

そして僕はサラリーマンを辞めるために会社員を辞めた。

地獄の追い込みのある9月がしまり、少し気が緩む10月初頭。

最初の金曜日。それも3連休前。

会社で営業をしていたころ、これほどまでに心おきなく遊ぶことができる条件の揃った「華金」もそうそうないのではないかと思う。

 

そんな華金を味わうことなく、夜のマクドナルドでクライアントに納品する記事を合間に、久々となるブログの更新です。

 

続きを読む

早逝のクリエイターが得た永遠の命

同級生が亡くなりました。享年28歳。

 

友人と呼べる同年代・年下が世を去ったのは実は初めてで正直動揺しています。
(厳密にはその報せを受け取れるくらいにはつながっている人の中で、かもしれません。)

 

福岡からお通夜や告別式に向かうことが出来なかったので、同じ「物書き」として
彼の遺作を少しでも世に広めることで弔いとしたく、
重い腰(指?)を動かしてブログを更新しました。

 

「『ライト・アップ』」/「星井信哉」の小説 [pixiv]

続きを読む