九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

どうやったら会社辞めれるの?って退職届書けば?

ちょっと迷っていたことがありブログの期間が空いてしまいましたが更新します。私はライターです。書きます。

 

退職してから、たまに相談受けることがあるんですが、「どうやったら会社辞めれるか悩んでます」って。

 

会社辞めたいって決まってる時点でやめるべきかどうかずーーっと悩んでた僕からすりゃ十分に羨ましい話なんですが。。。

 

「〇〇があれば会社は辞めれる」

 

という議論にあえて乗りましょうか。

 

十分な貯金?

 

それも一理ある。

 

継続収入

 

それも一理ある。

 

けど、それがあっても辞めない人は絶対に辞めないというのが僕の持論です。

 

結局のところ必要なのは、自分が会社を辞めても大丈夫だという自信。これに尽きます。

 

その根拠の1つとしては

「自分には十分な貯金があるから起業してしばらく無収入でも大丈夫!」

だったり

「継続的な収入があるから会社辞めれる!」

だったりあると思いますが、

(継続収入を強調するのはネットワーカーが好む論理なのであんまり深掘りしたくないですが)

 

それらが拠り所である必要はありません。

 

「俺が独立して成功しないわけがないだろう」

 

という自信でもいいし、まぁ、なんなら

 

「失敗したらしたでどこか再就職先はいくらでもあるだろう」

 

とかでも最初はいいと思います。

というか、なんなら僕がそのパターンに近いかもしれません。

 

会社辞めてやっていける自信はあります。

が、なぜ?

と言われるとハッキリした根拠があるわけではなく。

 

断片的な成功体験をつなぎ合わせて、まぁなんとかなるだろう、という、根拠なき自信。

 

加えて、「雇われ先がなくなることは絶対にない」という、やや後ろ向きながらも根拠のある自信w

 

有名大出てて、有名企業に在籍してて(それも転職市場で重宝される属性)、英語喋れて、宅建を所持。

性格以外なんの問題もありませんw

 

それはお前だからだろ?

 

と言われたら、それは当たり前で、全て過去積み上げてきた、努力して成果をだした物なので、何もない相手からどうこう言われる筋合いは一切ありません。

 

じゃあ何もなければどうすればいいんだよ?

 

って言われたら、誰でも持てる根拠ある自信を持てばどうでしょうか、と返します。

 

この日本において多少稼げなかったくらいで死ぬ方が難しいぜ?

 

逆にちょっと会社辞めてちょっと失敗したくらいで死ぬ自信ある奴がいたら名乗り出ろって話です。

 

結論。嫌なら辞めろ。

退職届を書けば会社は辞めれますよ。