九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

Coincheckの「XEM騒動」でXEMれぬ夜を過ごした人達へ

f:id:ut8250:20180128035625p:plain

 

昨日から続いていた、CoincheckのXEM不正出金騒動が、漸く一旦落着したようです。

Coincheckに沢山の資金を預けていた人たち、とりわけXEMホルダーは気が気でなかったかもしれません。

 

ツイッターや、Coincheckのチャットは阿鼻叫喚。

 

そんなパニックに乗じて骨も残らないくらいしゃぶりつくしてやろうという詐欺コインの売り込みが出てきたり、火事場泥棒しそうな偽物のCoincheckアカウントが出てきたりと、日本全体の民度が露見した事象でした。

 

 Coincheck 「XEM騒動」とは

bitFlyer,Zaifとならび、日本の3大仮想通貨取引所であったCoincheckにおいて、2018年1月28日、仮想通貨の一つである「XEM/NEM(ネム)」が5億2300万XEM

日本円の時価換算で580億円ほどが

不正アクセスにより、出金されるという騒動が起こりました。

 

この金額は、「ビットコイン」の存在を日本に知らしめた「Mt.Gox騒動」の時の金額を上回っており、仮想通貨史上の被害額となりました。

 

その後、XEMの取引が徐々に一時停止され、その後、日本円の入出金も、他のアルトコインの入出金も制限されていき、最終的にはその日のうちにCoincheck内の資産がほぼ完全に凍結される、という事態に陥りました。

 

その日深夜の緊急記者会見では顧客資産の管理体制の杜撰さの

ついでにマスコミのリテラシーの低さも露見することとなりました。

 

翌日にはNEM財団がアメリカのヒーロー番組のような勝利宣言とともに、対策に打ち出すことを発表。

最終的にはコインチェックが盗み出されたXEM(相当の日本円)を全額自己資金で補償する、という方向で一旦落着したようです。

 

そもそもは、コインチェックの問題

この問題で、まずNEMに矛先が向かうのは完全なお門違い。

○○銀行が強盗にあったから、盗まれた日本円はヤバイ

といっているようなものです。

意味不明。

 

問題があったのは、コインチェック側の資産の管理体制。

顧客資産をホットウォレットに保存し、NEMの強みであったマルチシグも実装していないというのは三大取引所としてはちょっと杜撰すぎやしませんかと、技術的には素人ながらに。

 

語弊を恐れずにすっげえ雑な説明をすると、銀行が顧客から預かった資産を管理している金庫に施してるロックが数字3桁の南京錠みたいなものかなと。

 

通常取るべき、他の取引所では取っていたセキュリティ対策をしてなかったってことです。

しかも一説によると、仕掛けられたのが「大雪で自宅勤務」となった日だとか?

これについてはコインチェックに非があるとしか言いようがありません。

 

投資家側の「自己責任」の範囲は?

ここで、一番判断が分かれてくるかな、と思うのが資産が凍結されたユーザーの「自己責任」問題。

 

例えば仮想通貨においてトレードに失敗したり、詐欺ICOコインを購入したり、クソHIYPに突っ込んだりして資産がなくなるのは300%自己責任です。

 

それから、取引所のアカウントやウォレットにハッキングを受けて、外部に送金されるといった事態も、可哀想だけれど自己責任。

どこかの端末にログイン情報保存しちゃってたり、簡単なパスワード設定してたり。

自分の資産を守る意識を欠いていたんじゃないかという部分がある。

 

じゃあ、取引所そのものがハッキングを受けて資産が盗み出されるリスクは自己責任なのだろうか?ってとこ。

勿論、盗み出される取引所が一番悪いんだけど(いや、盗む奴が前提としては一番悪いんだけどさw)、取引所がハッキングされて資産がなくなるリスクまで考えて仮想通貨投資を考えろ、というのは、理屈としてはその通りなんだけど、それを言っていいのは関係のない第三者だけじゃないかな、と。

盗み出された側やそこに近い人の口から出ていい言葉じゃないよ。

 

とはいえ、三大取引所の中で唯一金融庁からの認可を受けていない、とか専門的な知識がなくても「なんかちょっとマズいんじゃないか」的な雰囲気を察することは、ちょっと気を配っていれば出来たんじゃないかな、と思います。

 

といっても僕も実は僕もCoincheckの中に30万円分くらいの通貨は入っていました。

手数料高いし、金融庁の認可ないのも知ってたけど、やっぱり通貨豊富で使いやすいからねw

元々、なんで入っていたか分からない0.07BTCを昨年12月に発見し、その後トレードで遊んでいて、一時期70万まで増やした後、暴落に飲まれその半額くらいでフラフラしていた

ちなみにXEMは年末年始の暴騰前後に拾ったものが約250XEMほど。

今回の強制日本円返還にて目減りすることとなりました。

まぁ、端数で買ってみたかっただけなのでいいけど。

 

今回の騒動から学ぶべきこと

1.大手だから安全、はない。

まぁこれはどの業界でもいえることですね。仮想通貨業界も例外でなく、なだけ。

規模だけじゃなくてちゃんと見ましょうね。僕は認可の有無程度しか認識してませんでしたが、わかる人が見ればコインチェックが一番セキュリティ甘かったの一目瞭然みたいです。

2.仮想通貨資産も分散しておくべき

僕は現在仮想通貨資産の半分以上をbitFlyerで管理しています。あとは月々、ちょこちょことZaifの積み立てで買っているものと、草コインで遊ぶようの少額の資金がBittrexに。取引所の使い分けや、安全性を考えるとこのくらいのバランスかな、と。とはいえ、大手取引所でこんな事態が起きるとなると、ウォレットもちゃんと使った方がいいですね。

3.仮想通貨はやはり余剰資金で

正直びっくりもしたものですが、僕は額が30万程度だったし、コインチェックの保有資産の規模と、被害額から考えて、全額還ってこないにしてもゼロになる可能性は低いと思っていたので騒動を半分楽しんでましたが、資金を凍結されてパニックになっていた人も少なからずいるみたいですね。2ちょっと被りますが、資産は置き場所だけでなく、どのような形で保有するかも一極集中させるべきではない。

特に仮想通貨、という類のものにはね・・・

BTCとXEMに「分散」ではちょっと弱いかなと。

 

4.仮想通貨という類の資産のリスクを改めて

580億、というエゲツナイ被害総額は、「ゴールド」や「現金」ではそうそう出せるものではありません。

ざっくりいうと「価値を持つデータ」である仮想通貨だからこそ、出た金額です。

そして、不謹慎ながら「サイバー犯罪のリターンデカいな」とw

まぁパワーポイントの操作すら危うい僕は間違っても手を染めることが出来ない分野ですが。

 

5.やっぱ取引所って儲かるんだなあw

昨日の「確認中、検討中」でグッダグダの記者会見から考えると、自己資金で全額補償という対応を翌日に打ち出してきたことは個人的には高評価です。

セキュリティの不備で盗まれたことは済んだことは仕方がないとして、問題となるのはその対応。その点、コインチェックは(現段階では)誠実な対応をしていると思います。

 

一方で「へぇ、580億、だせるんだw」というのがw

※被害時のレートではなく、対応決定時のレートで、460億、ですね。

 

やっぱあれだけのスプレッドで、しかもアルトコインは「販売所」ですからね

儲かってないわけないよね。

 

ということは、仮想通貨そのものは今回の騒動で短期的にはどうなるか分かりませんが、取引所に出資している会社の株、なんてのは直近どうなりますかね???

楽しみ楽しみ。

 

というわけで。今回の騒動は(まだ完全に収束はしてませんが)様々なものを露呈させたとともに、加熱気味だった仮想通貨市場をはからずも冷やし、市場に参入している人々が自身の仮想通貨との向き合い方を考え直すいい機会にもなったのではないかと。

 

今回の騒動で仮想通貨が怖くなってしまった人のために、あたらめて「投資」と「仮想通貨」のド基礎を学びなおす場を用意しましたので、よろしければご参加くださいませ。

 

もう遅い?仮想通貨投資から始める投資入門セミナー

 


日時 2/11(日) 14:00~16:00
場所 渋谷マークシティ

費用:社会人 3,500円

   学生 2,500円

各種割引もあります。詳細はイベントページより。

 

ま、何事も経験ですよ。