九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

「来年から○○始めよう!」って御託はいいから今日始めろ

f:id:ut8250:20171229141323j:image

ブロガーのマエダユウタです。

このブログは開設して8か月くらいなのですが、前のブログも合わせると僕がブログを始めたのは2016年の12月29日。丁度1年です。

 

一時期書けない時期があったりしましたが、なんやかんやで1年継続しております。

(ちなみに収入はほとんどありませんw)

 

この12月29日、という微妙な時期に開設したのにも、タイトルにも絡めたある意図があるからです。

 

新年の決意なんて正月休み明けと同時に飛ぶ

1年の最初に、気持ち新たに「今年の目標」を定める人は沢山いると思います。

年がリセットされる、というのもキリのいい時期ですし、目標を定めるというのはとても良いことなのですが、それ、どこまでキープできてますか?

 

早い人だと、正月休み明けに

「うあーーーーー会社(学校)行きたくねーーーーーー」

で飛んじゃってたりしませんか?

 

それはあなたの意志が特別弱いわけではありません。

人間の意志は古今東西弱いもの。三日坊主という言葉が「諺」としてあるくらい。

正月という高揚感の中で考えたことを日常に持ち込む、というハードルに休み明けの気怠さがプラスされ、、新年の決意は深淵へ。

 

そもそも目標を定める時期として適切なんですかね?

 

三日坊主を避けるなら年始じゃなくて年末に始める

人間は21日続けることが出来たことは習慣にできると言います。それまでは意識的に続ける必要があるということなのでしょうが、その「最初の壁」が3日。だから三日坊主がわざわざ諺になるんでしょう。

で。3日の壁を越えようとする人々にとっての凶報は、土日が上手く重ならない限りは多くの会社は正月休みも3日まで。

 

3日の壁が1.2倍増しくらいに高くなります。

 

じゃあそれをどう超えるかってところなんですけど、時期ずらせばいいんじゃないの?

キリがいいからってあえて1/1にやる必要はない。それで何度も挫折してるなら猶更ね。

 

で、いつにするか。後ろ倒しでも全くダメではないんですが後ろ倒しは大体後ろに後ろにずれこんでそのうち忘却の彼方へ行くので前倒しを奨励。

あえて一つ定めるなら、12月29日

僕がブログ開設をその日にした理由の一つです。

 

29、30、31と意識的に継続していく中で、三日坊主の壁を1/1に当てることで強制的に越えてしまおうという魂胆です。

流石に目標を新年に挫折したりはしないでしょ?

 

僕はこんなことを偉そうに言っていますが、人一倍意志が弱いので、それでも継続できるための工夫をしているんですよ。

 

目標を定めるなら「スケジュール」付きで

ついでにもう一歩。目標の種類にもよるんですが、「~を達成する」系の目標は、「2018年の目標」よりも、「2018年の〇月〇日の目標」とした方がより具体的に動けるんじゃないでしょうか?

新年というタイミングは何か決意しやすいタイミングではあるのですが

 

「今年中に何かを達成するぞ」

 

というのは、逆から言うと

 

「達成するまでにあと365日あるぞ」

 

ということでもあるんですよね。

 

というわけで、年始に何か始めようと決意している人にとっては年の瀬にちょっと不快な内容だったと思いますが、新年の目標の達成に何度も失敗している人は、目標の立て方や実行する時期を考えなおしてみると上手くいくかもしれませんよ。