九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

年末調整で調整されてるのは端金じゃなくて奴隷の頭のネジ

「年末調整」の画像検索結果

 

サラリーマンブロガーのマエダユウタです。

 

12月、といえば勤め人にとってはボーナス月、とともに、金額的にはそこまでではなくてもちょっとしたお楽しみとして「年末調整」がありますね。

 

それをお楽しみだと思っているから奴隷なんだよ。

 

そもそも年末調整って何?

労働の義務をちゃんと果たした国民の収入である「給料」や「事業収入」や「投資収入」これらは、儲かった場合はそこから税金を払わなければなりません。

 

会社員の毎月のお給料に対して課税される税金というのは

払っているという感覚を奪うように

忙しく働く皆さんが煩わしい税金計算に余計な手間を取られないように、

あらかじめ会社が計算してくれて、天引きされたものが給与受け取り口座に振り込まれることになっています。

 

ただ、重要なのは課税金額というのは年間の総額に対して税率が制定され算出されるものである一方で、天引きは月ごとに行われています。

何が言いたいかというと、月の天引きされている税金は「仮の金額」だということです。

12月の給与額と賞与額が確定すると、年収が確定しますので正しい税額を算出することができます。仮払いの金額と、実際に支払わなければならない金額の差分が、追加で徴収されたり、逆に還ってきたりするのが「年末調整」です。

また、皆さんには課税が減額されたりする仕組みというものがいくつかあります。例えば、生命保険などの保険に加入していたり、その年に扶養家族が増えたり。そういった税金の減額を受けられたはず要素があれば、それを考慮しない仮払いは本来より多くなりがちなので、年末調整が「還付」である可能性は高くなります。

日本人は保険が大好きなので、還付となる方が多いのではないでしょうか?

 

多少の金額でも還ってくるのは嬉しいですよね!

 

 

 

いや、前提がおかしいんだって

 

 

還ってくると、さも、「もらえた」「得した」ような錯覚に陥りがちなのもわからなくはないですが、そもそも、年収が確定した上でまとめて払えばいいはずの税金を、

 

「君の収入に対してかかる税金はたぶんこんなもんだから、あらかじめ貰っておくね

 

というのが源泉徴収という制度です。

んで、

 

「ごめーん、なんか取りすぎちゃってたみたい。還すから許してね。(テヘペロ)」

 

というのが年末調整です。

喜んでる場合じゃないことに気が付きましたか?

とっても凶暴な制度ですよ。これ。

 

源泉徴収という仕組みのメリットとデメリット

さらっと言葉を出しましたが、この毎月の給与や賞与からあらかじめ(仮の)税金を引いたものを本人に支給するという仕組みを源泉徴収といいます。

 

戦前に定められた制度で、現在この制度をとっている先進国は日本だけです。

 

この意味については後述するとして、源泉徴収の徴税される側のメリットとデメリットは下記のようなものです。

 

メリット:

・面倒な税率計算をしなくても金額が算出されるため、税金について考える必要がない。

・天引きで勝手に払われるため、申告漏れや脱税となる心配がない

 

つまり、勝手にやってもらっているから考えたり心配しなくていいってとこですね。

楽!

 

デメリット:

・本来支払わなくてよい税金を仮払いしている間自分で動かせない機会損失

 

大きな金額ではないかもしれないけれど、自分で動かしていれば多少働かせられるかもしれない金額を国にしれっと抑えられたまま、出費の多い年の瀬に「はい、還す」などと言われたところで、、、ねぇ。

 

といっても、こうして並べてみると、投資をしない人にとってはメリットの方が大きいんじゃないかと。

投資をしてないから、そんな考えに至ってしまうんです。

 

最も成功した社会主義国、日本

ところで、日本が「最も成功した社会主義国」なんて皮肉られているのをご存知ですか?

 

唯一源泉徴収を採用し、成功しているのも、その要素の1つ。

 

この仕組みの最大のポイントは払っている感覚が失われるということ。

最初こそ「うわっ!こんなに税金引かれるんだ!」なんて思いますが、そのうち引かれることが当然になってきて、

 

挙句

 

年末調整で戻ってくると喜ぶという惨状。

 

これが日本の金融リテラシー。

 

有楽町に駆け込み需要の行列ができるわけですね。

 

還付された分くらい「夢を買おう」って、

 

それ、本来払わなくてよかった分まで結局国に払ってるのと同義だってわかってやってるのかな?

 

税金がメチャクチャな使われ方しているわけですよね。

 

何せ、払ってる奴らが無関心なわけですから。

 

そんなことを言ったって仕組みには抗えないのだから

まぁ、気付いたところで給料が源泉徴収である、って部分はどれだけ抗ったって変えることが出来ないわけで、いきなりどうこうしようとしたところで無理な話。

では、今できることは何か、と考えると以下の二つかなと。

1.まず、この仕組みに意識を失わされていることを自覚する

同じように取られるのでも、漠然と取られているのと、ハッキリと意識しているのでは捉え方が全く変わってきます。仕組みや他人を変えることは出来ないけれど、自分を変えることは簡単にできます。まずはそこから。

 

2.節税のために、他の道を探る

給料は源泉で徴収されちゃうとして、源泉で徴収されないもの、というのも沢山あります。上手く使うことで、源泉徴収で払った税金を合法的に取り戻せることも。

ちょっと視点を変えるだけで、見えてくる景色は変わります。

 

【あわせて読みたい】

サマージャンボとか買おうとしているサル共に捧げる鎮魂歌 - 九州の社窓から

ネットワークビジネスと社会主義の共通点と相違点 - 九州の社窓から