九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

「製品はいいんだよ」を強調するネットワーカーとは即座に縁を切れ

f:id:ut8250:20171114225034p:plain

 

MLMが絡んだ記事を書いてたら久しぶりに正面から蹴りたくなったので蹴ります。

 

といっても、再三強調しているとおり、真っ当に活動されている方に無差別に石を投げるつもりはありません。

 

本日蹴るのは「製品はいいんだよ、製品は!」など強調しながらビジネス(笑)に勧誘してくる意味の分からない奴ら。

 

 

 

MLMの難しさと恐ろしさ

「製品はいい。」MLMに本気で取り組んでいる人も、ほとんど製品のユーザーというだけの人も、口をそろえて言う言葉です。

まぁ、わかります。ただのユーザーであれば「いい」と思わないと当然使わないでしょうし、いいと思っていないものを広めるというのはまがりなりにビジネスをやっていると吠えるんであれば万死に値する行為ですからね。

 

MLMのモデルは、「本当にいい製品」「本当にいい」と思われて「善意の口コミ」で広まることが大前提になっています。

 

言うは易し。現実にそれがどれほど難しいかについては下記を参照。

 

ネットワークビジネスと社会主義の共通点と相違点 - 九州の社窓から

 

問題は、

 

A.誰にも製品も売らないし、MLMも勧誘しない純然たるファン(ユーザー)

B.MLM自体には触れないが、製品を売って利益を上げる人(バイヤー)

C.製品とMLMの勧誘とで本気で収益化を狙っている人(ネットワーカー)

 

などで綺麗に線引きできればいいんだけど、そうともいかないところ。

 

Aに属する人が、周りに「これいいんだよ!」と勧めたらどうなるか。

MLMの製品は店頭に売っていないからこそ価値を持っているわけであって、

 

ノルマとして買いこまれ捌ききられなかったかわいそうな製品たちが格安でネットで叩き売られてるのは内緒だぞ

 

自分に売ってくれてる人から買ってもらうか、自分から買ってもらうか、しかなくなります。

で、自分で売って利益が出ましたと。

最初は営利目的でなくても、勧めた結果お金が入ることを知るとどうなるか。

 

もしくは、「自分は製品がいいから、それを売って商売にしているんだ。断じてMLMはやらない。」と思っている方。たまたまその人のお客さんが「自分も知り合いに売りたい」と言って、販売権を欲したら。そして、自分が売ったわけでもないのに収入を手にすることを覚えたら。

 

境界線はあっさりと誰がどこにいるのかわからなくなってきます。

さらに難しいのは、外部から見ると誰がどのスタンスなのかわかんないからみんな一緒に見えるところ。

 

Xs飲んでる人に対してはとりあえず防御態勢を取ってしまいます。

(変な人じゃなければすぐ警戒は解きますが)

 

「製品の良さ」に逃げ込むネットワーカーは下の下の下

定義や線引きが難しいのですが、とりあえずMLMに勧誘をする人はみんなネットワーカーと呼びます。

でね。

ネットワーカーやるんならまずそこで相応の覚悟は持つべきだし、

他人を勧誘するんであればそれ以上の覚悟をもってしかるべき

 

「セイヒンハイインダヨ」

 

じゃなくて、自分が引き込もうとしているものが何なのか、どんなメリットがあるのか、どんなリスクがあるのか。

たいていのケースにおいて、そんな説明はせずに勧誘が進んでいることでしょう。

正確には

 

しないんじゃなくてできない

 

んでしょうけどね。

 

もっと悪いケースだと、「自信がなくて」、最悪のケースでは「罪悪感があって」

勧誘しているので、製品はいいという盾にすがる。

 

そうやって広まっていくから、悪質な伝言ゲームのごとく、劣悪なネットワークが形成される。

 

だから僕は会社の理念や、製品の良さや、対面しているネットワーカーの人格なんかは認めることがあっても「自分は触りません」と言いきっている。

 

やるなら堂々と。

製品がいい→その製品の良さを伝えたら収入が得られる→それを伝わった人からさらに伝わるともっと収入が得られる→みんなで幸せになろう

 

製品の良さを伝える、というのは入り口としては非常に入りやすく、フロントエンドとしての機能を持っています。

しかし、入り口の入り口は良くても、いつまでもそこに甘えていてはいけない。

本当に売りたいものが「相応にリスクのあるもの」なんだから、それを売る側にもリスクを負う義務があるでしょうよ。

 

少なくとも知り合って初期の段階で「自分はMLMをやっている」と堂々と言えない人とは会話をする気にもなれませんね。

(会話する気になってもビジネスの誘いには乗りませんが)

 

そこをぼやかす奴は人間として信用できません。

 

【関連記事】

ネットワークビジネスと社会主義の共通点と相違点 - 九州の社窓から

「金持ち父さん」の真実と虚構 ロバートキヨサキ氏成功の本当の秘訣 - 九州の社窓から

ネットワークビジネス(MLM)の入り口付近の人々に伝えたい3つのこと - 九州の社窓から