九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

ここに僕の帰る場所はなかった

f:id:ut8250:20170830063159j:image

 

1ヶ月ぶりの東京。

初めての少し特殊な滞在を終え、これから福岡に戻ります。

 

エクストリーム出社です。

 

 

ザコブロガーのマエダユウタです。

プロブロガーのあんちゃさんの記事を読み、羽田のファーストキャビンに宿泊してみたかったのですが、なんと満室。。。

 

関西空港内の簡易ホテル「ファーストキャビン」が豪華すぎた【口コミ】 | まじまじぱーてぃー

 

成田空港ではなかなかない事象だけに、ちょっと面食らいました。

 

成田空港直結のカプセルホテル9hoursで健全なエクストリーム出社を - 九州の社窓から

 

 

計画を変更して滞在したのは、お風呂の王様 大井町店。

 

大井町店 | おふろの王様

 

大井町は初めて一人暮らしをするのに選んだ地であり、色々と気に入っていたのですが、九州転勤と共に、この地を離れることになりました。

 

実は、このお風呂の王様はもう1つ検討していた「中延」に対して大井町の加点要素となったポイント。ここがなければ大井町に住んでいなかった可能性もあります。

 

そして、1〜2週間に1回は通い、大井町に来た友人と利用したり、時には泊まったり。

今年の年明けには、ノー残業デーに新橋で飲みたい気持ちを抑え、ここでノンアルと季節のおつまみで軽く飲んだ気分になった後、ここの休憩スペースで、深夜料金が発生する午前2時の直前まで、自分の「初の試み」の資料を作っていました。

そんなお風呂の王様に久々に訪れ、3回目の宿泊。しっかり入浴できた後、程よく仮眠が取れ、かつ羽田へのアクセスもよいので6時代の羽田利用者には何気にオススメです。

(あんまりちゃんとしたとこで寝ると寝過ごしのリスクがねw)

 

そして、お風呂の王様を後にし、大井町駅に向かう短い道中、「ここに僕が帰る場所はないのだ」ということに気づく。

飲み屋で話したことのある顔見知り程度は何人かいたものの、あえて別れを告げるほどでもなかったので、本当にひっそりと離れました。

ここに僕がいたという痕跡は、住民票の履歴だけなのです。

 

もっともっと短い間しか滞在していなかった、白馬村や、ホーチミン市にも、「帰る場所」とまでいうと烏滸がましいですが、一定以上の深度で関わってくれた人がいて、行って冷たくあしらわれることはないであろうとw

 

2年弱いた大井町に、帰る場所がない

考えれば当然だけど、実感すると少し寂しくもある。

 

大井町に引っ越した理由は、会社に近いところに住むことと、親元を流石に離れたかったこと。東京という活動のベースが変わっていたわけではないので、あえてそこに根を張ることもしなかったのですが、今はまた事情が違う。

 

何か意味があって来たであろう九州。

ここを「帰る場所」にするためにこれから何をするか。

 

自分の痕跡のない古巣を訪れて、改めて考えました。

 

【コラム】

出国前のラーメン - 九州の社窓から

 

【関連記事】

成田空港直結のカプセルホテル9hoursで健全なエクストリーム出社を - 九州の社窓から

【エクストリーム出社】始発便で出社するためのマストアイテム3選 - 九州の社窓から