九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

韓国で忘れ物!諦めるのはまだ早い。ソウルの遺失物保管体制。

 

「韓国」の画像検索結果

タイの旅を終え、帰国しました。旅人ブロガーのマエダユウタです。

 

 

国内では隙だらけで、年1〜2回のペースでスマホをどこかに置き忘れては警察や遺失物センターやお店の顰蹙を買っている僕ですが、実は海外で物を盗まれたり、失くしたりというやらかしをしたことは一度もありません。

 

初めてちゃんと海外に出た2012年にはポシェットを用意し、鍵をつけて、と警戒態勢万全でしたが、今やスマホ2台とパスポートと財布をポケットに無造作に突っ込み、ほっつき歩くように。

それでも、韓国、タイレベルの治安の国ではスられる気配すらありませんでした。

 

が、、、

 

タイ初日、スワンナプーム空港で大変なことに気づきました。

 

PCないじゃん。。。

 

実は原因ははっきりしていて、仁川空港(韓国)で手荷物検査の際、カバンから出させられた物を受け取り忘れていたんです。

 

実は、家にバッテリーを置いてきてしまい、このPCは今回の旅において、ほとんど重り以上の役割を果たさないためちょっと視界から逸れていたかもしれません。

 

その日は時間も時間だったので、翌日電話かメールで問い合わせようと考えていました。

すると、なんとなんと、向こうの方から先にメール連絡が入ってきました。

 

ログイン画面を立ち上げて、そこのアカウントになっているメールアドレスに連絡をくれたようです。

気効きすぎやろ。

 

以下、名前以外原文のままです。

 

Dear Sir/Madam

Hello. This is lost and found office at Incheon Airport.

 We found lost item that can check your email address.

 ITEM NUMBER: 34560

 Operation Hour : 07:00-22:00(Korean Time)

 Telephone Number: +82-32-741-3110

 Please tell us your name on passport.

 Thank you.

 Your sincerely,

 

(訳)

 

(脚注 僕の名前、性別が特定できる情報がないため、宛名がDear Sir/Madamとなっている)

 

こんにちは。こちらは仁川空港の遺失物センターです。

貴方のアドレスが確認できる忘れ物が見つかりました。

遺失物番号  34560   

運営時間  7:00〜22:00 (韓国時間)

電話番号  +82-32-741-3110

貴方のパスポートの名前を教えてください。

ありがとうございました。

 

 この後、何通か英語でメールのやり取りをし、帰り際の乗り継ぎで空港地下1階にある遺失物センターでこのメールを見せたとことろ、すんなりと回収できました。

 

受け取りの際、パスポート番号、国籍、住所、電話番号諸々のコピーが必要になります。

 

海外で貴重品を失くす。大半のケースにおいて、絶望モードな展開です。

しかし、そこは流石の韓国。しっかり保管してくれていました。

 

いかに僕の日ごろの行いが良いか、ということですね。

 

今回は、忘れた場所が明白で、かつ、そこに遺失物保管センターがあるので、非常にスムーズでしたが、市内での落としものについてもかなりの精度で対応してくれる模様。

 

落し物をしたら - 基本情報 : Visit Seoul - ソウル市観光公式サイト

 

とはいえ、仮に日本でだって如何に保管体制がしっかりしていたって、悪意ある人間に置き引きされたらそれで終わりですからね。

気を付けるに越したことはありません。一度ヒヤっとするともう大丈夫でしょう。