九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

仮想通貨バブルに浮かれるお前の投資センスも仮想だからちゃんと学ベ

「仮想通貨 フリー素材」の画像検索結果

 

ビットコインの分裂云々でまた仮想通貨業界騒いでいますね。

 

少し前から仮想通貨を買い始めている人は、とんでもない暴騰を受けて、もの凄い含み益だったり、ちょっと悪いタイミングで買ってしまった人が含み損を抱えたりしているかもしれません。

乱高下に一喜一憂しているうちに人生が終わりますよ。

 

 【投資の大原則「なぜ買ったのか」】

 

こんにちは。投資家ブロガーのマエダユウタです。

仮想通貨って、どうも世間的な認知からするとまだまだ「怪しい」というのが大局で、今すでに情報を取っている人、手を出している人は比較的情報感度が高いのかな、というのが所感。

 

ただ、大事なのは「今どれくらい勝っているか」ではありません。

なぜ、それを買ったのかを人に説明できることが大事。

 

・将来的な価値の上昇を見越して買った?

・短期的な価格の暴騰に乗っかり、投機目的で買った?

・周りが儲かっていそうだから、勧められたから買った?

・どこぞの情報商材に洗脳されて買った?

 

どれが絶対に正しいとか、絶対に間違っているとかではないんですが、「なぜ買った」というのが説明できなければ、折角買った仮想通貨を最終的にどのように扱うのか、とう軸を定めることが出来ません。

日本円に戻すのか、別の法定通貨に戻すのか、それとも仮想通貨のまま保有するのか、はたまた、別の仮想通貨に交換するのか。

 

【人間は何度同じ過ちを繰り返すのか】

「どのタイミングで、どのように扱うのか」

 

という軸なく、何となく保有や売買を繰り返して、バブルの局面や、たまたまの勝ちで資産を大きく増やすことが出来ても、再現性がないので、どこかで飛ばします。

 大概において、勝った額よりも大きな額を。

 

平成バブルやITバブルで逃げ遅れて膨大な損失を被った人の大半が、軸なき「なんちゃって投資家」であることは、これらのバブルを経験していない僕から見ても想像に難くない。

勿論、軸を定めた結果、読み違えて損失を出した投資家さんもいるでしょうが、そういう人たちは、致命傷は負わないようリスクヘッジが出来ているものだし、勝った理由、負けた理由をきちんと分析していれば、大局的には勝てるものです。

それをできない人たちの資金を吸い上げて。

 

【自分の頭で考えること、そのための知見を持つこと】

いくら勝ちやすい投資対象に「資金を入れていた」として(投資という言葉はあえて使いません。)それをどう扱うのか、何も考えていなければ結局行き当たりばったりを繰り返すだけなんですよね。

人に情報をもらうのも大事なんですが、その情報を得たうえで、どう扱うかは最終的に自分自身の問題。

少しだけ踏み込むと、その人はなぜあなたにその情報を教えてくれたのか、まで考えられると良いかもしれませんね。

胡散臭い「案件」系なんかであれば猶更、「あなたにメリットがあるから」よりも「自分にメリットがあるから」情報を流そうとしている側面が強かったりしますからね。

(その上大金まで巻き上げるんだから盗人猛々しいとはまさにこのことw)

 

そういったもののカモにされないためにも、しっかりと「投資」そのものの原理原則を学び、マネーリテラシーを高めていくことが大事ですよ!

 

【関連記事】

maedakabujuku.hatenablog.com

maedakabujuku.hatenablog.com