九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

とんこつラーメンで括ってるけど折角だからジャンルを解説する

突然ですが、「ラーメンの本場」はどこでしょう?

 

え?そんなの中国に決まっているじゃないかって?

うーん、それも一理あるんですが、、僕は

 

ラーメンの本場は日本だ

 

と声を大にして叫びたい。

 

 

九州ラーメンブロガーのマエダユウタです。

 

 

確かに、ラーメンのルーツは中国でしょう。

 

小麦粉で作った細い麺を、鶏ガラなどをベースにした醤油味の熱々のスープに浸し、

上にはネギやチャーシューなどを浮かべて食す。

 

間違いなく中国から入ってきた文化です。

ただ、このラーメン、中国では「湯麺」という呼ばれ方をする、コース料理の後半に出てくるメニューの1つという意味合いが強いです。

(もちろん単品として頼むこともできますが)

 

ですが、この中華料理の中の1ジャンルであった湯麺を、「ラーメン」だけで1つのジャンルに確立させたのは間違いなく日本です。

もとに形に近い、「醤油ラーメン」はもちろんのこと、日本食である味噌を見事に融合させた「味噌ラーメン」、シンプルなだけに一切誤魔化しの聞かない、日本の繊細さあってこそ実現した「塩ラーメン」

 

そして、現在活動拠点となっている九州発祥の「とんこつラーメン」、最近は「鶏白湯」なんてのも台頭してきていますね。

 

さらには、もともとはラーメン屋さんの「まかない」として、食べるのに時間を要さないようスープと麺を分離したことから生まれたつけ麺なんかも、今や麺とスープ、それぞれに拘り抜くことで、ラーメンでは実現できない世界観を創り上げています。

 

 

 

それからそれから、もはやスープを撤廃してしまった油そばこれなんかも、ラーメンから派生したものですよね。

 

前段が長くなりました。

何が言いたいかというと、

 

ラーメンは日本が世界に誇るべき文化だ

 

ということです。

 

そんなラーメン、九州に来てから、明らかに食べる頻度が上がっているわけですが、そんな九州を本場とする「とんこつラーメン」実はいくつかジャンルがあるので、この機会に解説します。

 

【そもそもとんこつラーメンとは】

 

まぁ多くの方にとっては今更でしょうが、

 

「えー、私とんこつラーメンなんて食べたことなぁ~~い」

 

というカマトト女ども箱入り娘さんたちのために簡単に触れておきます。

 

とんこつラーメンとは、福岡を発祥とする、その名のとおり、豚の骨を出汁にしたスープを使ったラーメンです。高温、高圧で長時間ガンガン煮込み、その旨みや栄養分がしみ込んだ、白濁したスープが特徴的ですね。

 

豚の骨をガンガン煮込むため、「匂い」がきついこともしばしば。これがたまらないっていう人もいれば、そのイメージでとんこつを敬遠する人もいますよね、、?

そこを払しょくするようなジャンルで仕掛けてきて、成功しているのが「一風堂」「一蘭」といった全国チェーンかな、と。

※逆に超本格派の方々はこれらのラーメンを邪道だと呼ぶこともあるとか

 

勿論他にも、臭みのないとんこつスープをウリにしているところは沢山あります。

 

近年、濃厚であればあるほど良いような風潮がある気がして、個人的にはちょっとその辺はノーコメントでもあるのですが、勿論濃厚で美味しいのは支持しつつも、博多で豚骨を出すラーメン屋の中には結構あっさりした味付けで提供するものも、実は少数派ではない。

 

ひとえに「とんこつラーメン」と言ってもその店の特徴が大きく出ていますよ。勿論。

 

 

【とんこつ発祥の「久留米系」ラーメン】

 

そんなとんこつ発祥の地ともいわれているのが、「久留米系」ラーメンです。

久留米は福岡の南に位置する、福岡市、北九州市に次ぐ九州3番目の都市。

 

一説によると、ほんの少し煮込むつもりだった豚骨をそのまま煮込みっぱなしにしてしまい、出来上がった白濁のスープを飲んでみたところ思いのほか美味しかったことがそもそもの始まりともいわれています。

 

麺は、一般的に認知されている博多ラーメンよりも太め。伝統的な製法として、スープが少なくなって来たら、そこに新たなスープを足す、「継ぎ足し」と呼ばれる手法がよく使われます。

したがって味が濃厚で匂いがキツいものが多いのも特徴です。

※全てが全てではありません。

 

f:id:ut8250:20170721095835j:image

 

市内でも食べられる、久留米系 「大砲ラーメン

 

ラードを揚げた「カリカリ」が入っていて、とても濃厚な「昔ラーメン」をいただきました。

 

普通のラーメンは少しあっさりしてて食べやすい。

 

【「博多ラーメン」の元祖「長浜系」】

 

福岡の町で時折見かける「長浜系」の文字。何となく博多系とはルーツを異にするものなのだろうな、などと思っていつつもぼんやりとした認識でしたが、世間に広く認知されている「博多ラーメン」にルーツは、この「長浜系ラーメン」と言われています。

 

長浜は博多の北部、海沿いの方に位置する地区。

市場での競りの合間に食すために、すぐ茹で上がる細麺が使われます。

博多ラーメンと言えば、極細麺!というイメージは長浜系から来ています。

細麺はすぐ伸びてしまうため、麺は少量で提供し、足りなければ「替え玉」を追加。

この文化の発祥も長浜です。

 

勿論濃厚なものもありますが、総じていうと、久留米系よりは薄めのスープが特徴です。

 

f:id:ut8250:20170721180002j:image 

 

個人的に Theニュートラルな「とんこつラーメン」と思う「長浜ナンバーワン」

具材もネギとチャーシューのみ。

シンプルイズベスト!

 

【香ばしく、マイルドな味付けの熊本ラーメン

 

熊本のラーメンも豚骨をベースにはしているものの、「博多ラーメン」とは結構特色が変わっております。どちらも久留米系から派生し、別々の変化を遂げてきたといえるでしょう。勝手にクセが強いイメージを思っていましたが、実はあっさりというかすっきりというか、コテコテの久留米系よりも食べやすい。

 

ベースに鶏ガラが混ざっているものがあったり、マー油(ニンニクの油)や揚げニンニクのチップが入っていたり、久留米から派生したものの、またこちらはこちらで別の方向にアレンジされているのですね。

 

僕が先日立ち寄ったラーメン屋で食べたものです。

チャーシューとはちょっと違う「パイクー」が乗っています。

 

f:id:ut8250:20170721173118j:image

 

【そのほか】

佐賀なんかに行くと、久留米を発祥としつつ、控えめな味付けで生卵をトッピングすることもある、「佐賀ラーメン」、

とんこつをベースとしつつも、実は久留米のルーツを持たず、独自性を発揮し続ける、「鹿児島ラーメン

長崎ちゃんぽんはとんこつをベースの一つとしつつも(もう一方は鶏ガラ)、そのルーツは中国です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ラーメン一つとっても、そこには地域による独自性が出ていたりして、面白くないですか?

 

それと、日本人ってつくづく食うの好きよねw

 

【関連記事】

maedakabujuku.hatenablog.com

maedakabujuku.hatenablog.com