九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

自分のコンプレックスって周りは思ったほど気にしてない

「手が凄く綺麗だね。」

 

って、たまに言われる。

 

あんまりそんな自負はないけれど、褒められて悪い気はしない。

 

そんなちょっとした気恥ずかしさを隠しながら、僕はこう答える。

 

「自分の手を汚さずに生きてきたからね」

 

 

 f:id:ut8250:20170721112621j:image

 

こんにちは。黒幕ブロガーのマエダユウタです。

なんか、お褒めに預かることがぼちぼちある「手」なのですが、実は以前は少しコンプレックスでした。

 

小さくて、皮が薄い手は、

・スポーツ

・楽器演奏

・料理

など、何かと不便で、かつ、なんか女々しくて嫌だ!

とか、思ったりしたのです。

 

が、別にそれで何か言われたりってことも全然ないですね。

それに、楽器なんかは手の小ささが何かを左右するレベルにもないし、そもそもw

 

 

そいから、もう少しわかりやすい「コンプレックス」でいうと、身長。

僕は身長166センチと、平均値から見て小さめ。

かつてはそれが手よりも割とコンプレックスだったりもしたものですが、

 

これも気にしなければ気にならないものね。

 

むしろ、身長以上に成長しなかった顔から考えると、この顔で180あったら逆に気持ち悪いよなwとか。

 

何より、本当に「カッコいい」男に身長は関係ないんだなってのを、何人も見ると、もはや気にする方が恥ずかしいくらい。

 

身長は頑張ったってどうにかならないけど、中身の方はいくらでも伸ばせるわけで、得られないものを嘆くより、その時間で得られるものを得たほうがよっぽど効率がいい。

 

身長が低いことじゃなくて、それをウジウジ嘆いている様の方がダサい。

 

いじるならいじれよ、くらいのスタンスで行きましょうよw

(ただし、166ってあえていじられるほどでもなく、絶妙に美味しくない)

 

「事実」ってのは、変えることは出来ません。

が、「自分の認識」は簡単に変えることができるし

「他人の認識」も簡単ではないが変えることができる。

 

「低身長(事実)で、それをウジウジ悩んでる(自分の認識)ダサい奴(他人の認識)」って思われるより、

「小柄(事実)だけど堂々としてて(自分の認識)カッコいいな(他人の認識)」って思われる方がいいでしょ?

 

そもそも、そんな本人のコンプレックスなんて

人よりも少しでも優位に立ちたいがために弱点ばかり探してる人以外からすれば、案外気にされてすらいないもの。

みんなそこまであなたに興味ありませんから、ご安心くださいw

それを気にさせてるのは、あなたがコンプに感じてるのが伝わってるからですよ。

 

あ、ちなみに口が悪いのはコンプレックスでもなんでもなくて直す気も毛頭ないんでご承知おきください(^q^)