九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

どうせ皆父の日忘れてるんだろうからおすすめギフト出しつつリマインドする

みなさま。

 

母の日にはちゃんと何かしてあげましたでしょうか?

贈り物でも、実家に帰るでも、ちょっとしたメッセージでも。

 

忘れてた!って方。

父の日に色を付けて「今年は一緒に!!」でお茶を濁しましょうw

 

ちゃんとやったよって方。

父の日もちゃんとしないとパパ拗ねちゃうよw

 

こんにちは。こう見えて意外と常識も持ち合わせておりますブロガーのマエダユウタです。


イベントごとに振り回されるのは好きな性質ではないですが、普段なかなか伝えられない感謝を伝えるよい機会として、便乗するのは悪くないと思います。

今年の父の日は6/18です!!

 

父の日のおすすめギフトを思いつくがままに提案します。

 

安すぎず高すぎずの価格帯でわざわざチョイスしといてやったから考えるのがめんどくさい奴はリンクから買っとけって。

いいか、リンクからだぞ

(そしたら僕の売り上げになるのでw)

 

 

 【お酒好きなお父さんに ちょっと特別なお酒やおつまみを】

 

晩酌が好きなお父さんにはちょっとしたお酒やおつまみのプレゼントが喜ばれると思います。

このブログの読者のお父さんというと、健康にも気を遣うお年頃かな、とも思うので、

量より質を重視でどうでしょうか?

 

見た目にもうれしい、クラフトビールのセット。

COEDOビールは「とりあえずビール」の枠を超えた香りや味が楽しめるビール。

僕も思い出したときに箱買いして冷蔵庫にブチこんでおります。

いつもは大手ビールを箱買いしてるお父さんにも楽しんでもらえると思いますよ!

 

<参考>(外部リンク)

「危険なほど飲みやすい」 日本のCOEDOビールが海外で話題 | NewSphere

 

呑兵衛のお父さんには、健康に重きを置いて「焼酎」はどうでしょうか?

アル中のイメージの強い焼酎ですが、実はとっても健康にいいんです。

(飲みすぎちゃダメだけどね)

 僕はお酒そんなに強くなく、ビール、ワイン、日本酒あたりが好きなので焼酎はあまり手を付けてこなかったのですが、九州に来て飲み始めております。

 

健康にいいしお母さんにも一緒に飲んでほしいですね!

ってなことで、これ、可愛くない?

 

 

<参考>(外部リンク)

お酒好きに朗報!焼酎ってこんなにも体にいい - NAVER まとめ

 

忙しいお父さんに、賞味期限を気にしない「缶つま」セット

ハイクオリティなおつまみを缶詰にした「缶つま」

宅飲みにしては少し値は張りますが、ちゃんと美味しくてお手軽。

 

バリエーションも豊富でいろんなお酒とあわせて楽しむことができます。

詰め合わせ送って好きなものを探してもらうのも楽しいかもね。

 

 

【健康志向のお父さんに】

いつまでも元気でいてほしいお父さんに。飲食物を送るとメタボを促進させてしまいそうなら、この際、健康志向のグッズを送りましょう。

父の日ギフトで送ると、無言の圧力が効いてめんどくさがりのパパも動かざるを得ないかもね

自宅で簡単にできて、場所も取らないっていうと、こんなところでしょうか?

 

腹筋ローラー!

これは僕も部屋で使っています。

 

 <参考>(外部リンク)

腹筋ローラーのすすめ。腹筋を割るために必要な高負荷の筋トレができる器具。 - とらっぷる

 

踏み台昇降

導入用DVDもつけておきました。

慣れてくればテレビ見ながらなんてのも可能でしょうかね。

 

 <参考>(外部リンク)

効果てきめん!自宅でできる有酸素運動「踏み台昇降(ショコ)」~入門編~ - NAVER まとめ

 

【無趣味なお父さんに 新しい世界への入り口をプレゼント】

 

このブログの読者層だと、お父さんが定年前後という方も少なくないかな。

仕事一筋。休みの日は寝てるか、家族サービス。

そんなお父さんが退職したとき、暇な時間を持て余さないよう、趣味のプレゼントはいかがでしょうか?

 

体力使いすぎず、でも健康じゃないとできない。そんな「釣り」を始める提案。

 

 

料理の趣味なんかも、ママの助けにもなっていいかもね。

食材も調達させて料理もさせて

 

 

いかがでしたでしょうか?

せっかくの機会ですから、ちょっとした贈り物は喜ばれると思いますよ!

ぜひ、お父さんの喜ぶ顔を思い浮かべて、選んでみてください!

迷ったらリンクからポチっとけって

 

【関連記事】

【まだ間に合う!】母の日を忘れて焦っている皆様へ。 - 九州の社窓から