九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

プレミアムフライデーに午前休を取得するという奇行について

f:id:ut8250:20170527003032p:plain



僕がいま働いている会社では「プレミアムフライデー」なるものが実施されています。

月の最終金曜日は15時退社となります。

 

本日はそんなプレミアムフライデー。

 

そして今日、僕は13時出社となる午前休を使いました。

 

実働2時間w

そして午後の予定は外出だったので、出社していませんw

 

 

プレミアムフライデーの趣旨?

こんにちは。奇行ブロガーのマエダユウタです。

 

「プレミアムフライデーに午前休つかったらどうなるの?」

 

ちょっとひねくれた人なら、思いつくかもしれません。

 

有給をうまく消化できている人であれば

「そんなもったいないことしないよ!」

と思うかもしれません。

 

でも、有給が消化しきれていなければ

これって割と有効な使い方じゃありません?

 

「いや、モラル的にそれはどうなの?」って?

 

知らん。

 

僕は仕組みと権利を組み合わせただけで、批判される謂れはない。

 

「プレミアムフライデーの趣旨とは違うだろう」って?

 

知らん。

 

どんな趣旨があろうと、仕組みを使うのはこちら側ですからね。

 

ちなみに

2月は不動産の内覧に

3月は引っ越しに

4月は帰省に

プレミアムフライデーを趣旨通りに行使したことはただの一度もありませんww

 

空気を読むということ

どうでしょう?読んでいて、「こいつは空気が読めない人間だ」と感じましたか?

 

リアルで僕を知っている方にとって僕が「空気が読める」かどうかは、おそらく

僕とどこで関わっているか評価が大きく分かれるところだと思いますが、

手前味噌ながらフラットな状態での状況察知能力は比較的高い方だと思いますよ。

 

テンパると、もしくは飲むとだいぶ低下するのは自覚してますがw

あとはしきたりてきな部分に弱いのもww

 

ただ、僕が「空気読めない」側の評価を受けるとき、

多くの要因は「普通その選択はとれないだろう」というようなものを

呼吸するかのように実行すること

かなと。

 

ちなみに、自覚のある範囲でですが、

そう思われているの、わかってますよw

 

 

空気より自分の人生が大事じゃない?

ただ、これだけは言っておくと、

「空気を読めない」行動をするといっても、

「人に迷惑をかける行動」をするわけではないです。

そこだけは常識として守っているつもり。

(自覚なく暴走していることもあるかと思いますが・・・)

 

まぁ「空気読む」ことに命を懸けている方々にとっては

僕の言動というか存在が不快かもしれませんが

誰もに好かれるといもうのも難しいものです。

 

というか、好かれるために無理し続けるのキツくない?

 

 

節度はとっても大切ですが、

 

その上で、周りの空気に人生の貴重な時間を奪われることについてどう思います?

 

あなたはそれでも空気を読みますか?

 

【関連記事】

「お休みを頂いております」という誤用に潜む危険な潜在意識 - 九州の社窓から

「自分は洗脳されていない」というセルフ洗脳が一番怖い - 九州の社窓から