九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

いつか、いくつか、いきつくか

「あ!ここのお店お洒落!」

「そうだね、いつか行こう!」

 

「ウユニ塩湖行きたーい!」

「ね!いつか行こう!」

 

そうやって積み重なってきたいくつかの「いつか」

そのほとんどは永遠に訪れることはないでしょう

 

こんにちは、サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーのマエダユウタです。

 

冒頭のような会話、日常の中でも繰り広げられていると思います。

しかし、思い出してみてください。

 

未実現の「いつか」どれくらいありますか?

 

「手帳」の画像検索結果

 

 

 

【期限のない「いつか」はほとんど忘却の彼方に】 

多分なんですが「あ、あれ忘れてた!」よりも、

 

なんかそんなのあった気がするけどどれだっけ?」

 

の方が多いのではないでしょうか?

 

一瞬、ピンときて「行ってみよう」とは言ったものの、

そんなことすら、5日も経てば忘れる。

「いつか」だけにね。

 

現代人には、嫌でも膨大な情報が流れ込んできます。

その量たるや、

江戸時代の人々が一生かけて得ていた量が、一日で得られるとか。

 

でも、人間の脳のスペックは数百年でそこまでは進化しないはず。

早い話、処理が追いつかないわけですよね。

 

「大事なことは覚えてるから、忘れてるものは別にいいや」

 

と自信をもって言えるのであれば、それはそれでよいかもしれませんが、

僕はその点に関しては自分の脳を過信してはいない。

 

じゃあどうやって対策を立てようか。

 

【対策①:期日を決める】

 

そもそも、なぜ忘却してしまうのか。

対極ですが、2パターンあると思うんですよね。

 

1.その気になれば本当にいつでも実現する

2.現在なかなか実現しえない

 

冒頭の会話だと、1つ目は前者、二つ目は後者にありがちかな?

前者ならば、たまたま思い出せば実現するかもしれませんが、後者はそうやってたまたま実現するのは極めてハードルが高い。

 

何らかの理由で「難しい」ものを、その現実から目を背けて先延ばしにするんだから

実現すると思う方がおかしいでしょW

 

例えばですが、どっかに旅行に行きたいのであれば

「いつ」、もしくは「いつまでに」実現するか、まず決める。

そしたら、

 

・そのためにこれだけのお金が必要だからいつまでに用意しないと

・そのために、それまでにこの仕事はいつまでに片づけておかないと

 

などなど、その実現に向けて、具体的にとるべきアクションが見えてくる。

 

【対策②:紙に書く】

 

期日を決めるとアクションが具体的になる。

でも、具体的にやることが増えたので、それをやはり脳が記憶できません。

これに対する対策は、紙や手帳にそれを書きだすことです。

 

そうすることで、備忘になるのはもちろんの事、ただ頭の中で意識するよりも、

手を動かして書いて、それを目で見るという行為を通じて

一層脳がそれを強く意識するようになると思うんです。

 

一見、面倒かつ原始的な「書く」行為。

すぐに実現不可能なことを、本当に実現するために、大きな助けになるかもしれませんよ。

 

そんな思考の参考になった本を下に挙げときますね。