読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった地方都市と東京のデュアルライフ

正しい生き方はモーレツ社畜かパラレルワーク(複業)か 大切にすべきたった一つの軸

世の中には会社の就業規則を破って多数の職業を展開している輩いるらしいです。

 
 
けしからんですね。
 
 
 
こんにちは。
 
サラリーマン投資家ブロガーwebライター某塾長
 
のマエダユウタです。
 
 
まぁとはいえ、憲法に定められている職業選択の自由に比べたら就業規則なんて弱いわけですよね。
 
もちろん、その中にも守るべき節度はありますけどね。
 
年功序列、終身雇用が幻想となっている現在、会社にすがるのは完全に思考停止です。
 
が、じゃあ色々と手を出すのが絶対に正解かというと、必ずしもそうでもない。
会社に全力を尽くすのが時代遅れかというと、必ずしもそうでもない。
 
今日はそんなテーマ。

 

 

「モーレツ社員」の画像検索結果

 

 

【パラレルワーク(複業)について】

 
「複数の身分や職業を持ち働いている人たち」と定義させていただきます。
投資は労働ではありませんので、サラリーマン投資家などはこの限りではありませんね。
なので僕は該当しません。
 
今や、会社が絶対的な安定ではない世の中。幅広い働き方をこなしながら、
 
・複数の収入源を持ち
・複数のスキルを身に着け
・複数のコミュニティ・人脈をつくる
 
いうのは時代に即している生き方かなと思います。
 
じゃあとにかく何でもかんでもとにかく手を出せばいいかというと
断固として違います。
 
「副業」(あえて漢字をこちら表記。)というと、手軽に収入を得るとか、
もしくは「胡散臭い」とかどちらかのイメージになるかと思いますw
お小遣い稼ぎ、で良ければ、手軽な案件もたくさんありますし、極端な話アルバイトでもいい。
ですが、「業」としてしっかり稼ぐのはどれも楽なことではありません。
 
勉強が必要だったり、先行投資が必要だったり、実践が必要だったり。
 
 
何でもかんでも興味あると言って首を突っ込んできて、何も行動を起こさずに当然成果も出ない人々。
本当に視界に入ってこないでほしい
 
極端な話、失敗や損失だって動いた結果であり、
そこから学ぶことができるのであれば、それは成果です。
(その分野で成功するために踏ん張るのか、向いてないとから手を引くのか、
判断が難しいところではありますけどね。)
 
そうやって努力や試行錯誤を重ねた中で、収入に結びついてるものが複数あるって状態は楽しいよね。
収入がある=誰かに価値を提供しているということです。
 

【モーレツ社畜について】

 
こちらは「胡散臭い話」などには目もくれず、ひたすら所属する会社で、働く人々。
 
ガムシャラに働いていれば、会社が成長し、給料が増え、出世し、給料が上がっていく。
一昔前はこれが正解だったといえるでしょう。
 
が、今はみんなが年次さえ立てばそこそこ出世できる時代ではありませんし
給料だって昔ほど頑張れば頑張るだけ上がるわけでもない
それどころか、雇用だっていつまで保障されているかわからないですし、
そもそも会社の存続自体、安定したものではないですからね。
 
だから、会社にすがるために、身を粉にして働くのは時代錯誤です。
 
が、一つの会社で一生懸命働くことで、
収入は会社からしか得られないかもしれませんが、
中途半端な副業に手を広げ続けるよりも幅広いスキルや人脈が得られる可能性はありますよね。
(働く収入は一つでも投資であれば、やり方によっては並行できますしね。)
 
一つの場所で一生懸命働いて身に着けたスキルは、それはそれで価値を出しうるものです。
唯一たる収入源だった会社が倒産したとして、身に着けたスキルは別の場所でも
生かすことができるかもしれません。
 
会社のために一生懸命働くことと、自分のために会社で一生懸命働くのは別の話です。
 
 
(まぁ、その会社でしか生かせないスキルってのもたくさんありますから、見極めは大事ですw)
 
 

【自分がどう生きたいのか、そのために何が必要なのか】

 
繰り返しになりますが、パラレルワークが正解でも、社畜が間違いでもありません。
 
結局、自分がどう生きたいのか、ということだけです。
 
人生の主役はあなたです。
で、どう生きたいのかが明確になり、そのために必要なものが何かということを考えると、
自分が今とるべき時間の使い方が見えてくると思いますよ。
 
 
どちらにしたって、ただ楽な方に思考停止で流れるのは人生の浪費です。