九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

「働かずに儲ける」と「楽して儲ける」は全然別の事象だよ?

こんにちは。投資家ブロガーのマエダユウタです。

今回は、なんか勘違いしてる人が多そうなこんなお題で。

 

「投資」に対する拒否反応って、大きく分けて2通りだと思うんですよね。

1.リスキーで怖いから、ダメだ

2.働かずに楽して金を稼ぐなど、けしからん

 

はっきり言っておきますが

「働かずに稼ぐ」と「楽して稼ぐ」は別の話です。

 【働かずに稼ぐとは】

ここでは、「労働の対価として報酬を得る」以外の手法でお金を稼ぐこと、

と定義させてもらいます。

 

勿論、投資の収入なんかはそうですし、それから、印税とか、そのあたりの「権利収入」もこれに該当しますよね。

自分が今」働かなくても得られるお金ですね。

それは、「過去の自分の働き」だったり「現在、お金に働いてもらってる」だったりありますが、いずれにせよ、自分が働かないこと、が重要。

 

ネットワーカーのいう「権利収入」がこれに該当するかは僕の中では懐疑的ですが。

あんまりいうと炎上するのでスル―w

 

 

 【働かない収入を得るのは楽なことか】

 

働かなくてもお金が手に入る。聞こえのいいことです。

 

ですが、そんな収入を創るのは、決して楽ではありません。

 投資で稼ぎたければ、相応のリテラシーを身に着ける必要があります。

また、原資が必要だったり、不動産なんかだと特定の社会的ステータスが必要だったりしますよね。

それを得るのも、また、楽な話ではありません。

 

印税系の権利収入は、過去の創造の産物。

過去、価値のあるものを生み出したからこそ、得られるものです。

 

【楽して稼ぐ最も手っ取り早い方法】

 

即ち「楽して稼ぎたい奴から騙し取る」です。

勿論、皮肉で言っていますw

 

「楽して稼ぎたい」の根源にあるのは

世の中に価値を提供せずに、自分だけ得たいというあさましい根性。

 

そういう人たちは考えることも放棄したいでしょうから、

「楽して稼げる」という夢を売って、お金をもらうのが手っ取り早いです。

夢を売るのは夢を買うよりは工数がかかりますが、それでも

「世の中に正当な価値を提供する」よりは手間がかかりません。

 

【世の中「美味しい話」はない】

 

叩かれるのを覚悟でいうと

「お金を稼ぐ手段が労働しかない」

というのは少し視野の狭い考え方かと思います。

 

が、その手段は「楽して」ではありません。

(少なくともどこかの段階においてね。)

単に「労働の対価」として得てないだけで。

 

そういう意味において、「美味しい話」などありません。

 

手法についても、リテラシーについても、ちゃんと学んで選択肢を増やしていきたいですね。

 

ではでは。