読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった地方都市と東京のデュアルライフ

一味違った九州滞在を手軽に楽しみたければ「北九州」はいかが?

こんにちは。38度の熱から薬を一切使わず1日で立ち直りました。

サラリーマン 兼 投資家 兼 超回復ブロガーのマエダユウタです。

 

「その見た目で(失礼な・・・)どこにそんな体力があるんだ」

と言われることが少なからずありますが、どちらかというと

体力そのものより、回復力が高いのではないかなと自己分析。

 

株でn十万円やられた時も、半日で回復し、半年後にはそれすらネタに新しいことを始めたりね。

 

まぁそんなことはどうでもよくて

 

帰ってきたあとダウンしてしまい、まとめられなかった北九州レポです。

漸く、九州ネタです。

 

 

北九州市とは】

 

九州の「都市」と言えば、博多を中心とする100万都市、「福岡市」を連想しますが、それに次ぐ、九州第二の都市北九州市です。九州2位と言っても規模が伝わりにくいと思いますが、全国に20しかない政令指定都市であり、

県庁所在地を除いた都市の中では川崎市に次ぐ第2位の人口規模を持つ都市なのです。

 

元々は小学校の社会科で勉強した「北九州工業地帯」なんかで栄えた地域ですね。

本州と九州を結ぶ重要な拠点ともなっており、交通の便もよいです。

 

www.city.kitakyushu.lg.jp

【中心地小倉】

 

f:id:ut8250:20170505223036j:image

 

北九州の中心地小倉は、新幹線で博多から20分弱で移動できます。

本州からくる場合も、小倉駅で降りることになりますね。

ちなみに、博多⇔小倉 間 2000円ちょっとです。

ローカル線だと、1時間ちょっと、1000円ちょっと。

 

改札を出ると出迎えてくれたのは、品川駅で見かけるような出展ブース群。

見た限り、京都~沖縄まで盛りだくさん。

f:id:ut8250:20170505221547j:image

 

少し歩くと出てくるのが「車掌さん」銅像銀河鉄道999ですね。

小学校の頃、楽曲演奏をした関係でアニメ見てたことがあります。

松本零士さんゆかりの地でもあるみたい。

 f:id:ut8250:20170505221606j:image

 

 

かの有名な細川忠興も居城していた小倉城

f:id:ut8250:20170505223105j:image

www.kokura-castle.jp

 

 

付近には、先ほどとは別の松本さん。

松本清張氏の記念館なんかもあったりします。

 

 f:id:ut8250:20170505223119j:image

 

松本清張記念館公式ウェブサイト

 

他にも、未訪問ですが

チャチャタウン小倉

など、大型の商業施設があり、買い物にも困りません。

ショッピングモール チャチャタウン

 

お昼は北九州を中心に展開する24時間チェーン

資さんうどん

 f:id:ut8250:20170505223131j:image

 名物?肉ごぼ天をいただきました。

資さんうどん

 

街並みがなんか好き。

 f:id:ut8250:20170505223203j:image

 

【本州との海峡地、門司港

 

最初ナチュラルに読めなかったのですが、門司港(もじこう)

と読みます。

小倉からまたローカル線で20分くらい。

 

これまた小学校の社会科でやった「関門海峡」ですが、

司港を結ぶから、関門ですね。

 

下手したら泳いで渡れるんじゃないかというレべルの近さ。

 f:id:ut8250:20170505222514j:image

 

かの巌流島もこの辺にあるよ!

 

f:id:ut8250:20170505222523j:image

 

最近、再開発されて人気観光スポットとなりつつあるみたい。

「レトロな港町」でのブランディングですね。

お洒落なカフェとの親和性も高い。

 

f:id:ut8250:20170505222538j:image

 

焼きカレーが有名みたいですが、食事制限中のため、断念。また来ます。

  

時間外でいけませんでしたが、九州鉄道記念館なんてものもあります。

九州鉄道記念館 -門司港レトロ地区観光-

 

 

駆け足での立ち寄りだったので、まだまだ満喫したとは言えませんが、

手軽に行きたいスポットを発見できたのは大きな収穫でした。

 

【感想】

福岡といえば、どうしても博多の方に目が行ってしまいがちですが、博多とはまた違った毛色が楽しめる「北九州」

食文化も、「博多」「北九州」「本州」のいいとこどりできるずるい地域でもありますw

 

九州滞在で時間に余裕があれば、もしくは博多に少し食傷気味になったら、

(食には飽きないけど意外と見るもの少ないんよね)

こちらに行ってみるのも面白いと思いますよ。

 

まだまだ深堀りしていきます!