九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

投資と称して浪費を繰り返すのは僕の視界の外でやってください。

投資、消費、浪費、の考え方はわかる?

 

 

いいね!浪費を減らして投資を増やすというマインドも?

 

 

OK!そうしたらゴールはすぐそこさ!

 

 


君が投資だと思ってるものは浪費だと自覚するだけだ!

 

 


こんにちは。サラリーマン 兼 投資家 兼 暴言ブロガーのマエダユウタです。

 

アメリカンジョーク風の入りをしてみましたが、結構根深い論点なのです。

 

投資、消費、浪費

 

お金の本なんかに普通に書いてあることなので、ここでは端折ります。

 

投資 使ったお金<得る価値
消費 使ったお金=得る価値
浪費 使ったお金>得る価値

 

他の軸でもう1個別の概念が出てくる説明もあるんだけど、ここでは教えないw、この3言論の方が最初はわかりやすいと思うので。

 

で、浪費していると、

せっかく持っているお金の価値をどんどんすり減らしてしまうから、
それを少しでも減らして、投資や、せめて消費に持っていくことで、

資産を減らさないようにしよう、という考え方ですね。

 

 

じゃあ何が投資で、何が浪費なの?

 

ここから本題です。

次に挙げるものが、投資か、消費か、浪費か 分類してください。

 

 

1.収入の1/3を超える家賃の部屋を借りた

2.自己啓発本を買った

3.フルオーダーの高級スーツを作った

4.高額のノウハウ塾に入った

 

さあ、分類できますでしょうか?

 

 

 

 

答えは、

 

 

 

 

この文章からでは判断できない。

 

です^p^

 

パッと見、投資っぽくても、浪費っぽくても、

そこから得られる価値がどれだけかによって、

同じものでも、人によって意味合いが変わってきます。

 

フルオーダースーツで仕事が捗るなら投資だし、
鏡をうっとり眺めているだけなら、浪費。

 

自己啓発本を読んで、行動に移せるなら、非常にコスパのいい投資だけど、
読まないのは当然ながら、読んで満足するだけでも、それは浪費。

 

 

投資と称して浪費を繰り返す人のなんと多いことか

 

タイトルに戻ります。

 

世の中には一見投資っぽい浪費が溢れています。


「投資」「自己投資」

 

そんな語で煽れば、お財布のひもが緩くなります。

 

でも、それって、本当に投資した以上のものが、返ってくるの?

 

どんな形で?

 

いつ?

 

この辺をちゃんと考えずに、単に決意したことに満足したり、物欲を満たす言い訳として、「投資」と称したり、そういう投資ごっこでの浪費は本当にやめてほしい。

 

浪費はしないにこしたことはないけど、したくなる気持ちもわかる。

 

いきなりゼロにしろとは言わないけど、

少なくとも投資だと言い聞かせたりしてるうちは絶対に減りませんよ。

 

 

そんな僕の今日の投資

 

さて、今日もよく書いたし。

 

パチンコという経験に投資でもしてくるとするか。

 

冗談です。

 

社会人一年目に「ものは試し」で行ってみて、


1パチとやらに諭吉さん瞬殺されて

 

トラウマ負って二度と行けません。

それで期待値マイナスの世界に浸からなかったんだから
ある意味その諭吉さんは投資だったかもしれないね。

 

そんでは。