読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった地方都市と東京のデュアルライフ

「生きている」ことそのものがリスクなんだからリスクなく生きることは諦めろ

僕がどれだけ伝えたくても

 

この想いは君には伝わらない

 

僕がどれだけ声高に叫んでも、

 

この声は君の耳には届かない。

 

 

とある女子と僕との会話。

 

「銀行に預けている預金って、『減って』いるんだよ。」

 

「やだ。怖い。」

 

「じゃあ、お金を減らさないように、投資を始めてみたら?」

 

「やだ。怖い」

 

「ゼロから丁寧に教えてあげるよ。」

 

「うん。それならやってみたいかも。」

 

「ちなみに大事なのは、少額でいいから実際にお金を入れてみることだよ。」

 

「やだ。怖い」

 

 

 

 

お前が怖いわ

 

 

リスクを単に危険性と取ると本質を履き違える

 

こんにちは

サラリーマン 兼 リスクテイカー 兼 ブロガーのマエダユウタです。

本日は、とある講演でも取り扱っているリスクの話をかいつまんで。

 

リスクっていうと、マイナスイメージが付きまとってますかね?

特に「危険性」とかっていうようなイメージで捉えられてるケースも多いと思います。

 

嘘から出た実ではないけれど。

世間がこんなイメージで使うからそんな認識でもそんなには困らない。

 

経済学的な観点から述べると

 

リスク=「ある事象の変動に関する不確実性

 

となります。

 

つまり、リスクが高いというのは「不確実度合いが高い」ということ。

リスクがない、というのは「確実である」ということ。

 

人生に確実はないのだから、「ノーリスク」など不可能

 

人生に確実などない。

10年後、5年後、3年後はもちろん、

明日にだって、「確実」などはない。

 

人間はいつ死ぬかわからない生き物である。

 

ついでに、言葉遊びになるかもしれないが、

「死亡リスク」

という言葉がある。

 

これは、「死んでしまう」というとてつもない不確実性を孕んでいるもので、

「ハイリスク」ということがいえるかもしれない。

 

だが、人間にとって、唯一、平等に確実なものは「死」である。

 

「死んでしまう」ことはリスクだが、

 

「死」という事象そのものは「ノーリスク」である。

 

 

どうせリスク取らなきゃいけないなら、自分で選んでいこうよ

 

というわけで「リスクを取りたくない」という方。

 

諦めてください(^p^)

 

そんで、「どうせ取らなきゃいけないリスク」

 

なら、自分で後悔のないものを選んでいけば?って思うんですよ。

 

リスクとは不確実性。だが、一つ一つを見極めていけば、

 

ハイリスク・ローリターン

ローリスク・ハイリターン

 

な選択も存在する。(相対的な話です。)

 

そういう中から、自主的に、自身にとって最適なリスク

を取っていけることが、大事だと思いますよ。

 

まぁ

 

世の中には

 

リスクを取ることが目的

 

リターンはその副産物に過ぎない

 

ジャンキーちゃんもいますけどね。(^p^)

(僕とか)