九州の社窓から

サラリーマン 兼 投資家 兼 ブロガーの転勤を機に始まった九州と東京のデュアルライフを綴っています。投資、働き方、旅など気の向くままに。

収入ではなく時給で考えてみてわかったこと

僕の退職前の会社員としての年収は手当込みで大体600万。
同世代の中では「比較的」貰っていたようです。

 

現時点での僕のライターとしての見込収入は、月25万程度。
もちろん賞与なんてないので、これを12ヶ月と考えると年収は約300万。

半分になってしまいます。

 

月単位で見ればそれほど差があるようには見えませんでしたが、換算してみると意外と大きかった。
しかし、軽くくらっとする一方で、別の方向から数字を弾いてみると、会社を辞めた選択が決して早計ではなかったことも見えてきます。

 

時給換算すると。

 

現在、僕のライターとしての「時給」は、案件によりけりですが甘く見積もって3000円程度。

1件あたりの報酬と、その成果物の完成までに要する時間から逆算したものです。

 

一方で、会社員時代。
600万の年収を得るために働いていた時間を考えると、残業時間は月によりけりなので概算にはなりますが、

時給換算で2500円を切っています。

1日40分弱の通勤時間も「会社のために使っている時間」と考えて計算にいれると、明確に「2000円代前半」
という数字が見えてきます。

 

僕は職場が恵まれていて同僚とも自主的に飲んでいたのでカウントしませんが、人によっては「付き合いの飲み会」「半強制参加のゴルフ」なんかも入れていくと更に下がりますね。
飲みは平日だからまだしも、休日もゴルフの姿をした仕事をさせられているようでは、休日割り増しが必要でしょうw
(僕は会社のゴルフに顔を出したことは一度もありません。)

 

何が言いたいかというと、2000円代前半、というのは「わりかし時給のいいバイトの2倍」と考えると恵まれているといえば恵まれていますが、【比較的】高収入の部類と言われる「年収600万円」もこの程度なんですよね。

前職ではまったく現実的ではありませんでしたが、毎日定時帰りを実現して年収をキープしたとしてどうにか時給3000円を超えます。
(残業なし、よりはその前に年収が上がる方がまだ現実的ですが)

 

そう考えると、前職で時給を4000円からの世界(平均残業時間で年収1000万)まで出世するのは僕には正直現中々難しかったと思いますが、ライター業で言えば、書くスピードを上げるか、案件単価をあげれば時給換算で1.3倍はそこまで無理な前提ではない。

 

こういう視点に立つと、

「何かを学べる、もしくは後から何かが手に入る場合を除いて、時給3000円を大幅に下回るような案件は受けるべきではない」

というような判断指標もついてきます。

 

そして、目指すべきステージへの到達は「現状の延長線上には絶対に存在しない」ということも。

本当は最初からわかっていることですが、数値化してみると絶望的な差が浮き彫りになります。

 

ではどうするのか。

ゴールを探す旅は続きますw

「旅しながら働く」は難しいけど出来ないとは一言も言ってない。

前回、旅しながら働くのは難しいと書きました。

 

「無理」とは書いていません。

 

まだまだ自在な「旅しながら働く」には程遠いですが少しだけ近づいたので記します。

大分県より。

 

ちなみに、「旅行が仕事」系のあれは一切興味ないのでごめんなさい。

 

おかげさまで、ライターとしての定期発注が月20万ほど見込めるようになりました。

これにスポットの取材が一定数乗ってくると思われるので、とりあえず「即詰み」は回避したかな?

 

もちろん、会社を辞めても生活できる、なんて水準は通過点に過ぎません。

ライターの仕事は好きだけど、手段の手段くらいの位置付け。

 

ただ、やってみれば「どうにか」なるもんです。

ほんとに。

フリーランスや自分の事業だけでは生活が成り立たなければ、アルバイトや派遣を混ぜ込んでもいいと思いますよ。

 

「正社員」にしがみついて消耗することから抜け出す上で、時給を受け取ってはいけないというのは必ずしもではありません。

 

僕は幸いにもとりあえずライティングでいけそうですが、運やタイミングもあるので、収入を確保するまで会社辞めれないってのはもったいないです。

 

そんなライティングで「旅しながら〜」を実現するコツは、

 

案件のタイプを分けること

 

でした。

先程、僕が「20万は定期発注が」と書きました。

内容的には

 

・仮想通貨メディアへの解説記事の寄稿

・不動産メディアへの解説記事の寄稿

・ブログ記事の寄稿

 

の3案件の合算です。

 

解説記事は単価は高いけれど、字数も多いし調べなければいけないから、移動中は不向き。

交通機関の待ち時間くらいであればありでしょうか?

 

一方で、こまめな記事を数書いて稼ぐ、ブログ記事の寄稿。

これならばスマホでも打つことができるので、バスの中でも移動しながら稼働がとれます。

 

むしろ、数アイディアを出さないといけないので、動き回っていた方が執筆が進みます。

 

ライティングに限らず動きながらできるものと、腰をすえてやるものと。

上手く使い分けていければ

「旅しながら働く」

に一歩近づけるかもしれません。

 

「できない」

じゃなくて

「どうやったらできるか」

 

 

 

残念ながら「旅しながら働く」って結構難しいぜ?

正式に退職したのは9月末ですが、数字を追いかける業務は8月で終了して、9月は若干の引継ぎのほかは有休消化に充てていました。

 

会社員→会社員への転職であれば、なーんにも考えずに自適な無職期間を過ごせたんでしょうが、今回はそうもいかない。

 

とはいえ自分の時間を使った生産活動にあてながらも、その間会社からの給料も発生しているというスーパーボーナスステージw

 

9月10月で、直接的な仕事だったり、将来につながるかもしれない事項への種まきだったりでいろんな所に行きました。

 

北九州、広島、島根、鳥取、鹿児島、宮崎、京都、大阪、神戸。

 

東京にいた頃、行く機会があるとも思っていなかった県を次々と訪問できるのはちょっとテンション上がるんですが、一方で感じたこともあります。

 

「旅しながら働く」というのは思いのほか難しい。

続きを読む

どうやったら会社辞めれるの?って退職届書けば?

ちょっと迷っていたことがありブログの期間が空いてしまいましたが更新します。私はライターです。書きます。

 

退職してから、たまに相談受けることがあるんですが、「どうやったら会社辞めれるか悩んでます」って。

 

会社辞めたいって決まってる時点でやめるべきかどうかずーーっと悩んでた僕からすりゃ十分に羨ましい話なんですが。。。

 

「〇〇があれば会社は辞めれる」

 

という議論にあえて乗りましょうか。

 

十分な貯金?

 

それも一理ある。

 

継続収入

 

それも一理ある。

 

けど、それがあっても辞めない人は絶対に辞めないというのが僕の持論です。

 

結局のところ必要なのは、自分が会社を辞めても大丈夫だという自信。これに尽きます。

 

その根拠の1つとしては

「自分には十分な貯金があるから起業してしばらく無収入でも大丈夫!」

だったり

「継続的な収入があるから会社辞めれる!」

だったりあると思いますが、

(継続収入を強調するのはネットワーカーが好む論理なのであんまり深掘りしたくないですが)

 

それらが拠り所である必要はありません。

 

「俺が独立して成功しないわけがないだろう」

 

という自信でもいいし、まぁ、なんなら

 

「失敗したらしたでどこか再就職先はいくらでもあるだろう」

 

とかでも最初はいいと思います。

というか、なんなら僕がそのパターンに近いかもしれません。

 

会社辞めてやっていける自信はあります。

が、なぜ?

と言われるとハッキリした根拠があるわけではなく。

 

断片的な成功体験をつなぎ合わせて、まぁなんとかなるだろう、という、根拠なき自信。

 

加えて、「雇われ先がなくなることは絶対にない」という、やや後ろ向きながらも根拠のある自信w

 

有名大出てて、有名企業に在籍してて(それも転職市場で重宝される属性)、英語喋れて、宅建を所持。

性格以外なんの問題もありませんw

 

それはお前だからだろ?

 

と言われたら、それは当たり前で、全て過去積み上げてきた、努力して成果をだした物なので、何もない相手からどうこう言われる筋合いは一切ありません。

 

じゃあ何もなければどうすればいいんだよ?

 

って言われたら、誰でも持てる根拠ある自信を持てばどうでしょうか、と返します。

 

この日本において多少稼げなかったくらいで死ぬ方が難しいぜ?

 

逆にちょっと会社辞めてちょっと失敗したくらいで死ぬ自信ある奴がいたら名乗り出ろって話です。

 

結論。嫌なら辞めろ。

退職届を書けば会社は辞めれますよ。

僕はまだ本質的には不自由なようだ

会社を辞めてから、仕事を夜遅くまでするようになりました。

夜の方が文章進んだりするんですよね。

 

2時3時くらいに寝た時は、朝は10時とかに起きます。

会社員時代であれば大遅刻。

今は、そんなことを気にする必要は一切ありません。

時折入る打ち合わせや取材も、だいたい午後です。

 

いつ寝るも、いつ起きるも、働くも、働かないも自由。

ただし、動かないと生存そのものが危うい。

 

実際には日本にいれば収入ゼロだろうとそうそう命まで落とすものではありませんが、どうやっても減らすことのできない支出のぶんくらいは稼がないと、転落していく一方です。

 

貯金ゼロだろうと、収入が支出よりも多ければ回るし、

いくら貯金があろうと、支出が収入を上回ればいつかは必ず底を尽きる。

ビジネスも生活も同じですねw

 

そもそも僕は余ったお金は仮想通貨や株に変えてしまうので潤沢な貯金はありません。

そもそも、資産を食いつぶすような生活は性に合いませんw

 

どこまで抑えられるか、実験も兼ねて日常生活のコストダウンを図りながら、楽しくて仕方がない案件、本心やめたい案件、高単価な案件、許容範囲ギリギリの案件、いろいろこなしながら収入を作っています。

 

あまり楽しくないことも含め、これまでにないくらい「生きている」という感覚を味わっている一方、まだ本当の自由は手にしていないことにも気付かされます。

 

資産はあるにはありますが、「お金が働いている」ことにより、僕の働く量を減らせる水準では到底なく。

 

仕事も、場所を選ばず、ストレスも少ないとはいえ、仕事に向き合っている時間は、長い。

平日、土日という概念が消えかけている中で、頭の中に仕事を置いている比重は逆にかなり高まっているかもしれません。

 

その意味において僕は、ネットワーカーの皆さんも大好きな「キャッシュフロークワドラント」において、EからSへ。まだ左の枠組で動いているに過ぎません。

 

この先どうなるかはまだ見えていませんが、

「まず動いたことで得た自由」

「まだ得られていない自由」

双方を強く認識しながら、今日もまたPCやスマホに向けて文字を打ち込み続けるのでした。

 

就業規則を副業しない口実にしてる奴は解禁されても絶対にしない。

ソフトバンクが副業を「解禁」したのは2017年。

対して、僕が1番最初に副業を始めたのは2015年です。

 

学生時代繋がりをつくった、小さな会社の社長さんとから頂いた案件。報酬は1万円。

時給換算するとちょっと反省する水準ではありましたがwそれでも、

 

「給料」ではない利益を自分の信用と力で創った

 

経験は、その後の働き方の選択に大きな影響を及ぼしました。

 

2016年から徐々に副業のレパートリーが増え、2017年からは副業ではなく、複業。パラレルワークをしていました。

 

「ソフトバンクって副業OKなんだっけ?」

 

たまに聞かれるそんな問いに僕はこう答えていました。

 

「申請して認められれば大丈夫なんだよ。」

 

これは本当の話です。「解禁」される以前から。

 

実は解禁されたからといって大規模に何か変わったわけではありません。

申請が必要で、通ればOK。

ちなみに、一番最初に手を出した副業は申請して、承認されていました。

 

それ以降は申請していませんでしたが、

「申請されたらOKなんだよ!」

と堂々と言っている人間が実は申請していないというw

 

結局のところ、何度も法的に問題になっているところでもあるのですが、

雇用者は被雇用者を就業時間外に縛ることは出来ず、副業を「禁止」することなど原則できません。

 

・副業が反社会的内容

・本業の業務と利益相反

・明らかに本業に悪影響が出るレベルでリソースを割いている

 

といった事情は別にして、就業時間外の副業は

憲法の「職業選択の自由」で認められている内容です。

 

就業規則と憲法どちらが偉いかなど小学校高学年でも知っている内容ですね。

 

要するに、副業なんてやりたきゃやりゃいいんです。

もっと言うと、やりたい人はやってます。

とっくに。

 

「副業したいけど修行規則があるから出来ない!くそっ!悔しい!お!ついに解禁された!やるぞ!!」

 

なんて人は稀有で、実際のところ

 

やりたいとなんとなく思いつつ、怖いし、めんどくさいし、よくわからない。

 

都合よくある就業規則を盾にとって

 

残念だなー

 

と言いつつ、

 

本当は安心している。

 

副業解禁が公になっていく中、本当はハリボテだった「行動しない言い訳」も剥がされようとしています。

 

行動することと、次の言い訳を考えることと。

限られた時間とエネルギーをあなたはどちらに使いますか?

 

ブログのスランプと脱却

退職の報告から(日をまわっちゃってはいますが)毎日記事を更新しています。

おかげさまで、ブログのアクセスも徐々に戻ってました。

 

今年に入ってから中々ブログが更新できなくなりました。

特に4月以降は顕著です。

 

復活するする詐欺をしていましたが、どうにか本当に復活しそうですw

 

ブログが書けなかった理由。

 

「忙しかったから?」

 

→暇ではありませんでしたが、もっと死にそうな時期にも結構な頻度で更新していました。

 

そんなことは細事で、なによりもブログを書けなかった理由は、

 

「誰に向けて」

「何を」

 

発信したいのかが自分の中でブレブレだったから。

 

会社は辞めたくて仕方がないわけではない。

 

業務量は多いには多いけど、異常な激務でもなく、職場の人間関係も比較的良好。

 

待遇だって悪くはない。

 

でも今の仕事って本当に自分がやりたいこと?

 

もしくは今の仕事の先に、本当にやりたいことが出てくるの?

 

その答えがはっきりとYES、もしくはNOであれば、何かに迷うこともなく、どちらかに指針を触れたはず。

現在も、本当に退職という選択が長い目で見たとき正しかったのかどうかはわかりません。 

 

けれど、自分の直感を信じての見切り発車。

巨大な船から飛び降りて、目の前の小さな糸を手繰り寄せながら大海原へ出て行くような感覚?

 

不安は付き纏うし、「中継地」は定めているものの、明確な目的地が見えているわけではない。

 

それでも今、1つだけハッキリと言えることは

会社で働いていた時よりも、「自分の人生」を生きているという実感があるということ。

 

世の中には悪い待遇で、悪い人間関係で、やりがいのない仕事を、他の選択がないがゆえに、(正確には他の選択がないと決めつけているがゆえに)嫌々やっている人で溢れているらしい。

 

そんな人たちからすると勿体ない選択で、贅沢な悩みと言われるかもしれない。

 

けれども、こんな形を選択した以上、選択出来ていない人、迷っている人の指針になれればとも思い、自分の道を歩き始めた記録として、ブログを綴り続けます。

 

タイトルいい加減に変えないと(ry